複数拠点を持つ法人や店舗がVPNを用いることでデータ共有を簡単に図る方法


本社や支社、各店舗など、複数の拠点を持つ法人において、VPNの必要性が急速に高まってきています。VPN(VIrtual Private Network)とは、仮想プライベートネットワークとも呼ばれるものであり、文字通りインターネット上に仮想のプライベートネットワークを構築し、安全な情報通信を実現するサービスをいいます。

ご存じのようにインターネットは、誰もが用いる公のネットワークと言えます。公であることから、悪意ある第三者による盗聴リスクなどもあり、時には、インターネットでやり取りされる情報が搾取されるなどの被害も発生することになります。

しかしその一方で、インターネットにさえつなげれば、世界中のPCやコンピュータ、ネットワークとのやり取りが可能となることから、できればインターネットを利用しながらも、情報が漏洩するリスクのない技術が模索されていました。

VPNにおいては、たとえば本社支社間のLAN間接続を、インターネットなどの公のネットワークを用いて実現しています。インターネットは公のネットワークですが、VPNによって相互敵に接続する場合、やり取りされる情報は、すべて暗号化がなされることから、インターネットのやり取りが第三者に盗聴されたり、データを搾取されるリスクはありません。このため、イメージとするならば、本社と支社間を、あたかもプライベートなネットワークで相互接続したかのような使い方を実現することができるわけです。

インターネットを使いながらも、情報漏洩のリスクがないことから、あたかもプライベートネットワークを構築したかのような安全な専用ネットワークを手にする出来ることができるのです。現在では複数の拠点を持つ法人の多くが、既にVPNを導入しています。

さて、このVPN、手軽にしかも低コストで導入する方法は存在するでしょうか。


    

ASP型のVPNサービス導入を検討する


大変便利なVPNではありますが、これまでは導入に多大な投資を必要としました。VPN自体は、ルーターにも組み込まれている機能ですが、これを社内で活用するには、データセンター内にサーバを容易するとともに、対応するツールやアプリケーションの開発が不可欠だからです。よって、これを維持するには、月額数十万円というコストが必要でした。

ところが、最近になってVPNを手軽に導入することのできるサービスが登場してきています。たとえば、複数ある拠点間において、VPNを導入し、データ共有や遠隔操作などを行うためには、対応ソフトをインストールのみで利用可能です。

煩雑なネットワーク設定が必要ないため、無駄な開発コストを削減することができます。また、VPN専用機器の導入も、専用サーバーの構築や維持管理も不要です。これらの環境は、VPN提供業者側で構築されることから、拠点間を結ぶPCにソフトウェアをインストールするだけで、VPN、ならびにVPN構築によって実現しうるさまざまな機能を、すぐにでも利用することができるようになるのです。

本サービスにおける詳細な機能については、以下のサイトリンクよりご確認ください。導入のための設定ならびに開発コスト、サーバーなどの維持管理コストを考慮すると、まさに低価格での実現が可能となることに驚かれることでしょう。


推奨理由
  • VPN業界初のASP(Application Service Provider)型サービス
  • 5アカウント月額3
  • 150円と低価格
  • 必要なソフトやサーバーなどを全て提供者側が管理
  • 導入はインストール するだけでなので専門知識不要
  • 一般的なインターネッ トVPNサービスと同等のセキュリティを保持
  • 複数拠点間におけるデータ共有や遠隔操作、動画監視を実現
    

サイトリンク



月額\3 150-[税込]からのVPN構築で簡単ファイル共有!簡単遠隔操作!

ビジネス関連サービス

しっかりとした生活ならびに人生設計

外と内から健康を維持する

自己啓発やスキルアップ関連

自動車・バイク関連

エコ・省エネ関連

投資ならびに資産運用関連