日本においても取引が急増しているCDFによって資産拡大を狙う戦略


アベノミクス効果を発端として、日本の株式市場が活況を呈しています。多くの銘柄がここ数年来の高値をつけるとともに、その勢いはさらに強まりを見せ始めています。このため、現在の株式取引高もまた過去最高を記録するなど、多くの投資家が多大な利益を上げることに成功しているのです。しかし、株式投資には大きな資金が必要となります。資金がなければ儲かることをしりつつも、参入することができません。

だからといって、指をくわえて見ているだけというのも残念な話です。実は、株式投資ほどの資金を投じることなく、このチャンスに乗る手だては存在します。これこそがCDF取引です。

CDF(Contract For Difference:差金決済取引)とは、原資産の値動きをそのまま反映しつつも、原資産の現物の受渡しを一切伴わず、売買価格の差額のみで決済する取引をいいます。つまり、日本の株式市場のみならず、世界市場の株式市場や株価指数、金や原油、債権、VIXを始めとする各種指数など、価格変動が発生する市場において取引ができる金融商品です。

現物の受け取りを行わないことから、現物の数十分の一の資金で取引をすることが出来る一方で、大きなリターンを期待できます。また、世界の金融市場での取引が可能となることから、24時間の取引に対応するため、会社員の方であっても、帰宅後にトレードに参入できるメリットもあります。


    

CDF取引口座のオンライン開設


CDFの取引を行うには、CDFを取り扱う取引会社に口座を開き、その口座に証拠金を入金します。するとその証拠金の範囲内での取引が出来るようになります。株式投資に比べ、少額からの投資が可能ですが、それでも、実際の取引には最低5万から10万円程度の資金は必要になります。逆にいうならば、最初から大きな額での取引は、リスクを伴うのでおすすめできません。

少額の資金を投入し、それを徐々に増やしながら、取引の規模を大きくしていくのが、レバレッジを利かした投資となるのです。

ここでは、CDFに新たに参入する上で、比較的理解しやすい日経225種株価指数、ナスダック100指数、ダウ工業株30種平均、米ドル建ての金、銀、ならびに原油に限定して取引が可能となる口座開設サイトを紹介しています。日本に加え米国市場での取引が可能となるため、昼夜のトレードが可能となります。

口座開設費用などは一切不要です。サイトリンクに移動し、必要事項を入力します。すると申し込み書類が届きますので、確認の上本人確認の証明となる免許証のコピーなどを添付し返送します。しばらくの審査期間の後、審査が通れば口座開設が完了です。数日程度で口座開設が可能となります。口座が開設されると、各の市場の市況やニュース、リアルタイムチャートなどをPCで参照できるようになります。しっかりと研究をされた上で、当初は5万円から10万円程度の少額の資金でスタートされることをおすすめしておきます。


推奨理由
  • 株式投資ほどの資金を必要としない投資商品
  • 少ない金額を徐々に増やすことで高い利回りが期待できる
  • 上場大手のDMM.com証券によるCDF取引口座
  • 完全信託保全が付帯している
  • 口座開設費用ならびに取引手数料が無料である
  • スプレッド幅が業界最狭水準のためコスト安
    

サイトリンク



業界最狭水準スプレッド取引手数料0円!全額信託保全で安心安全

ビジネス関連サービス

しっかりとした生活ならびに人生設計

外と内から健康を維持する

自己啓発やスキルアップ関連

自動車・バイク関連

エコ・省エネ関連

投資ならびに資産運用関連