東京において中古マンション投資を行うことで不労所得を得る戦略


一時期活況を呈していた不動産投資は、日本全土において低下傾向にあります。そんな中で現在も活況を呈している不動産投資戦略をご存じでしょうか。東京の中古マンション市場です。地方都市では成立しなくなりつつある不動産投資が、東京においては逆に活況を呈しているのは、一局集中型の構造にあります。

いうまでもなく東京は、日本の首都であり、日本のみならず世界への情報発信基地としての機能を担っています。このため、現状も多くの人間が東京へと流入してきており、特にマンションの需要については非常に高い需要があるのです。

しかも震災以降、東京のマンションか価格は大きく下落しました。現在は徐々に値を上げてきているものの、まだ低価格で推移していることから、大きな利回りを得ることができるのです。

さらに、現在では100万円程度の資金があれば、東京においての中古マンション投資を成立させるモデルも登場してきています。

預金金利がゼロに近いレートで推移する現在において、東京の中古マンションに特化した投資は、低リスクながら高い利回りを生む投資モデルといえそうです。


    

東京の中古マンションに特化した投資セミナー


不動産投資に新規参入するためには、当然の事ながらスペシャリストからのレクチャーのもとで、徹底した事前調査を行う必要があります。東京であればどこでも儲かるというほど投資は甘くないからです。

ここではまず、東京における中古マンション投資においてトップの企業が主催するセミナーをおすすめします。トップ企業であることから、市場性や効率性、実際の投資効果、利回りなどにおけるさまざまな実データをもっています。これらの情報を活用することで、リスクを最小限に押さえながら、最大限の投資効率を発生させることができるわけです。

まさに、情報は、そのまま大きな利益をうみだすモデルの起点となるわけです。

セミナーは東京、ならびに千葉において毎月行われています。すでに11000人以上の方が受講されており、すでに1000名を超える方が、実際に不労所得を得ているといいます。価格も安価であることから、受講した上で、参入するか否かを検討されても良いでしょう。

今後は年金にも不安要素がつきまといます。また、70歳になるまで受給できないなど、これこそが大きなリスクともいえます。今のうちに不労所得の基礎を築き、サラリーマンを続けながらであっても、大きな不労所得を作ることは、今後の人生における大きな自己セイフティネットとして機能することでしょう。


推奨理由
  • 22年にわたる賃貸管理会社経営ならびに不動産投資トップ企業によるセミナー
  • すでに11000人以上が参加し、1000人以上がオーナーになっている実績
  • 東京に限定していることから利回りが高くリスクが少ない
  • 実際に参入するか否かをセミナー受講によってご自身で判断できる
  • 年金に不安要素が多いために自己のセイフティネットを構築する必要がある
    

サイトリンク



サラリーマンのための東京中古マンション投資セミナー

ビジネス関連サービス

しっかりとした生活ならびに人生設計

外と内から健康を維持する

自己啓発やスキルアップ関連

自動車・バイク関連

エコ・省エネ関連

投資ならびに資産運用関連