東京においては墓地・墓石を求めるよりも霊廟を検討する


「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があります。お彼岸は季節の変り目であるわけですが、お彼岸にあわせて、お墓参りをされる方も少なくないことでしょう。お彼岸のお墓参りは、日本独自の風習ですが、この風習が始まったのは、聖徳太子が起源という説があるようです。春に豊作を願い、秋に収穫を感謝する自然信仰の行事が、現代においても、お彼岸の墓参りとして定着しているわけです。また、お彼岸は「彼方の岸」と書きます。これは向こう岸、つまり神の住むあちらの世界を意味しています。

さて、お彼岸に墓参りをしたくとも、現在ではそれがかなわない場合が少なくありません。都心ではなかなかお墓を持つことができないことから、地方にお墓をもたざるを得ないものの、遠いため、気軽にお墓参りをすることができないといった問題が生じているためです。

このような問題を解消するため、現在では都心の中心地に、格安で納骨堂を持ち、そこに位牌や骨壷を納骨される方が増えています。つまり、地方の墓地や霊園にお墓を立てるかわりに、寺院内の霊廟(れいびょう)に祖先の霊を祭るのです。

霊廟に祖先の霊を祭るのには、いくつかのメリットが存在します。霊廟は、多くの場合、都心部のお寺の建物内にあります。このため、利便性が高く行きたいときにいつでもお墓参りをすることができます。また、室内は冷暖房完備であり、天候に左右されることなくお墓参りができます。さらには、墓地や墓石を求める必要がないことから、手間がかからず費用も格安で用意することができるわけです。

このような要因から、都心においては、自分の納骨の場所を、お墓ではなく、霊廟に求める人が急速に増えているのです。


    

都市型納骨堂霊廟の利用を検討する


ここでは、東京は四ッ谷にある都市型の納骨堂を紹介しています。霊廟とはいえ、位牌の後ろに骨壷を納骨する場所があり、お墓と同様、直接参拝をすることができるものです。また、末代まで加入された納骨壇使用の権利を保証する永代使用権や、お寺自らが故人を供養する永代供養なども付帯するため、故人を安心して祭ることができます。

さらに、本人が購入する、つまり現在故人が存在しない場合や、後継ぎがない場合、すでに納骨されている墓地を持っている人が改葬される場合でも加入することができます。宗派に関係することがないなど、広い受け入れ態勢も出来ているようです。

ちなみに霊廟は、寺院の本堂と一体となっており、朝に夕なに住職の読経が聞こえ、供養の営みが行われます。このため、都心の中心地にありながら、やすらかな永遠の眠りを心地よくさせてくれる空間が提供され、親族は、いつでも快適なお墓参りをすることができるわけです。


推奨理由
  • 直接参拝式の納骨堂であり遺骨に直接手を合わせられる
  • 永代供養の場合年会費・管理費が込みとなり他の費用が発生しない
  • 墓地や霊園の取得やお墓を立てる必要がないため比較的安価に用意できる
  • 毎月1回合同供養際が開催される
  • 特別供養の法要が、大日一人用、大日二人用ついて行われる
  • 四ッ谷にある都市型納骨堂であり仕事帰りにもお墓参りができる
    

サイトリンク



四谷にある東福院。位牌の後ろに骨壷を納骨する
「直接参拝式の納骨堂」でおひとり30万円?。永代供養墓 6種類・永代使用墓 2種類があります。


ビジネス関連サービス

しっかりとした生活ならびに人生設計

外と内から健康を維持する

自己啓発やスキルアップ関連

自動車・バイク関連

エコ・省エネ関連

投資ならびに資産運用関連