住宅ローンでの新築、購入、増改築をしたら必ず行うべき控除手続き


平均所得額が年々低下しつつある現在において、マイホーム購入は人生における最大のイベントであり、事業であるといえます。また、ひとたび家を持つと、増改築やリフォームの必要が生じるなど、とかくお金はかかるものです。しかしそれでも一家の主とならんとする人は多く、家を持つ魅力が如何に大きなものであるかを反映しています。

さて、住宅ローンなどを借りり新築を購入したり増改築をした場合には、必ず行うべき手続きがあることをご存知でしょうか。税の控除申請です。

そして、この代表的なものに住宅借入金等特別控除があります。住宅借入金等特別控除とは、居住者が住宅ローン等を利用して、マイホームの新築、取得又は増改築等をし、平成25年12月31日までに自己の居住の用に供した場合で、一定の要件を満たす場合において、その取得等に係る住宅ローン等の年末残高の合計額等を基として計算した金額を、居住の用に供した年分以後の各年分の所得税額から控除するものです。

ちなみに、住宅を新築又は新築住宅を購入した場合、ならびに中古住宅を取得した場合や、増改築等をした場合については、住宅借入金等特別控除、借入金を利用して省エネ改修工事をした場合や、借入金を利用してバリアフリー改修工事をした場合には、特定増改築等住宅借入金等特別控除、省エネ改修工事をした場合、ならびにバリアフリー改修工事をした場合には、住宅特定改修特別税額控除、認定長期優良住宅の新築等をした場合には、認定長期優良住宅新築等特別税額控除、耐震改修工事をした場合には、住宅耐震改修特別控除を申請することで、所得税額を大幅に下げることが可能となります。

毎月多額の返済金額を背負うわけですから、これらの控除申請は必ず行い、負担を少しでも軽減させることが不可欠となります。10年間での控除額合計は、住宅ローンの年末残高の限度額を2000万とした場合、最大控除学は、その1%の200万円にもなるため、非常に大きな額となるからです。


    

煩雑な住宅ローン控除申請を安価で税理士に依頼できる


とはいえ、これまでの説明にもあるように、見慣れない言葉が並び、それを理解するのは難解です。また、控除に必要となる書類や作成しなければならない書類などを、自分で調べて揃えるのは、大変ですし、手続きが煩雑であり、手間がかかるのが現状です。

この様な手続きは、専門の税理士に相談した上で依頼してしまうのが得策です。

現在では、これらの手続きをインターネット経由で簡単に依頼することの出来るサービスが存在します。以下のサイトリンクよりメールフォームを開いて申し込むことで、簡単に控除申請を依頼することができます。

また、行うべき作業も、住宅ローン控除チェックリストをダウンロードし、必要書類を確認したうえで、控除代行サービス申込書に記入し、必要書類一式とともに、レターパック500で送付します。すると、税理士側で申請計算を行い、還付金額をメールもしくは電話で連絡してくれます。問題なければ、そのまま電子申告で申告してくれるので、手軽に控除申請を行うことができるのです。ここで紹介するサービスは、住宅ローン控除申請代行サービスを、わずか21000円で受け付けてくれます。追加料金はありません。まずは、「お問い合わせ・ご相談フォーム」に必要事項を入力して下さい。大幅な控除を得るための賢い投資といえそうです。


推奨理由
  • 住宅ローン控除申請をインターネットでオーダーできる
  • 無料相談も含め24時間いつでも依頼できる
  • 住宅ローンの年末残高の限度額2000万円に対して最大200万円の控除が得られる
  • 税理士事務所が代行するため、煩雑な手続きを回避できる
  • 代行手数料21000円のみで依頼可能
    

サイトリンク



橘田秋彦税理士事務所

ビジネス関連サービス

しっかりとした生活ならびに人生設計

外と内から健康を維持する

自己啓発やスキルアップ関連

自動車・バイク関連

エコ・省エネ関連

投資ならびに資産運用関連