純水に近い蒸留水を手軽に生成し生活に取り入れる方法とは


私たちの身体の構成要素の内80%以上が水だといわれています。よって、私たちが生きていく上では、どうしても水が必要となります。多くの場合、私たちは水道水を用いていますが、水道水には、多くの不純物や添加物が含まれています。日本の水道水は、飲料水としても用いられるクオリティを持っていますが、それでも、日々不純物や添加物とともに、水を摂取するには、若干の抵抗があることでしょう。

このため、最近では天然水を購入して用いることも少なくありません。しかし毎度天然水をスーパーなどで購入して持ち帰るのは手間がかかります。また、それではと浄水器をつける方も少なくありませんが、浄水器では、水道水に含まれる不純物や添加物を完全に除去することは難しいとされています。

ところが最近、水道水をクリーンな水にすることのできる機器がインターネット上で話題になり、売上をのばしています。

この機器、どのようなメカニズムで水道水をクリーンな水に変えているのでしょうか。


    

水道水から蒸留水としての純水を得るという発想


この機器は、単に水道水をフィルターを通して浄化する浄水器とは基本的構造が大きく異なります。フィルターでは、不純物や添加物を完全に除去することはできません。そこで、水道水から蒸留水を作ることで、クリーンな水を得る方式を採用したのが、この機器の話題になったポイントといえます。

蒸留水とは、一度水を沸騰させ、水蒸気として気化させた後に、それを再び冷やして水に戻したものです。水が沸騰し気化する際、含まれる不純物や添加物は気化できないことから、蒸留水を生成することで、それらを完全に除去することが可能となるのです。

ただし、気化させこれを水に戻すわけですから、フィルター式の浄水器のように蛇口をひねれば水が得られるわけではありません。

この機器で蒸留水を生成するためには、4リットルでおよそ6時間がかかるようです。しかし、その分、クオリティの高い純水を、いつでも家庭内で生成できる環境を得られるというのが、この機器の売りになっています。

会社などに出勤される朝にスイッチを入れておけば、仕事から戻られた際には、4リットルもの蒸留水が出来ていることになり、今後は飲料水のみならず、料理やスコッチの水割、さらには氷の生成などにも利用することが可能となります。

水道水がベースでありながら、そこから純水を得ることが出来るというのは、これまでにない新たな発想であり、だからこそ、インターネット上でも話題になったものといえそうです。


推奨理由
  • 水道水を蒸留させて得る水であることから、不純物や添加物の除去率が高い
  • 午前中にスイッチを入れておけば、夕方には4リットルの蒸留水を得られる
  • 4リットルあれば、飲料水のみならず料理や水割り、氷などにも利用できる
  • 今後重い天然水を購入し、持ち運ぶ手間から解放される
  • 電気代は4リットルあたり70円程度と天然水購入よりも安い
  • ほんのりと甘く、のどごしの大変良い蒸留水が得られる
    

サイトリンク





ビジネス関連サービス

しっかりとした生活ならびに人生設計

外と内から健康を維持する

自己啓発やスキルアップ関連

自動車・バイク関連

エコ・省エネ関連

投資ならびに資産運用関連