肩こりや腰痛を引き起こす要因とその対策法とは


肩こりや腰痛で悩まれている方は、年々増加傾向にあります。現在では、腰痛がある人が4割以上、首や肩については、実に6割以上の方がこる、もしくは違和感を覚えることがあると答えているほどです。

肩こりや腰痛を引き起こす要因としては、筋肉の硬化や骨や関節の変形ならびに老化、血行不良を挙げることができます。

また、日々の日常生活の中にも、原因は潜んでいます。たとえば、テレビをごろ寝で見る、無理な姿勢でのデスクワーク、膝を伸ばしたまま重いものを持ち上げる、あぐらをかいて床に座るなど、何気ない姿勢の中にも、肩や腰に大きな負担をかけることがあるのです。

肩こりや腰痛の辛さを軽減するには、軽度の運動や体操が有効とされています。たとえば、ちょっとしたウォーキングやラジオ体操によるストレッチ、水泳やサイクリングなどにより、運動不足を解消することで、かなり楽になる場合が少なくありません。

さらには、筋力の低下によって肩こりや腰痛が引き起こされることもあるため、適度な筋力トレーニングにより、腹筋や背筋を鍛え、正しい姿勢をキープできるようにしておくことでも、問題の症状は緩和されていくはずです。

なお、最近では、寝ている際に腰痛に悩まされる方も多いと聞きます。1日の1/3程度を床で過ごす人間にとって、寝るときの姿勢によっては、腰に多大な負担をかけていることが少なくないのです。たとえば、うつ伏せで寝る癖のある方は、腰が反る状態を続けるため、無理な力がかかります。

寝具によっては、腰に負担をかけるものもあり、これが腰痛の原因となることがあります。あまりに柔らかいベッドや布団は、寝心地が良いものですが、実は、腰に過度の付加がかかることから、腰痛を引き起こす原因となる場合があるのです。

人は、毎日必ず睡眠をとることから、快適でかつ腰に負担をかけない寝具の選択にも、十分気を使いたいものです。寝具を替えただけで、長年の悩みだった腰痛が解消したという事例もあることから、この点には注目しておくと良いでしょう。


    

腰に負担が掛からない敷布団の活用


以下のサイトリンクでは、肩こりや腰痛に悩まれる方のために、腰に負担が掛からない寝具として、浮圧敷布団を紹介しています。5層構造で体圧分散を図ることから、腰に負担なく快適な眠りを得ることができるうえ、雲の上で寝ているかのような寝心地を味わうことができるものです。

最近では、寝具に対してこだわりをもたれる方も多くなってきたことから、テレビや新聞、雑誌などで寝具に関する特集を組むことが少なくありませんが、この敷布団は、頻繁に取材を受けており、その数は120社を超えています。また、インターネットショッピングのランキングにおいても1位を獲得するなど、その人気が見て取れます。

以下のリンクからアクセスいただき、「お申し込みはこちら」の部分から購入手続きをしていただくことで、簡単に入手可能です。これまで忘れていた「安眠」を毎晩体感し、さわやかな朝と元気な毎日を取り戻していただければと思います。


推奨理由
  • 5層構造による体圧分散により安眠を得ることができる
  • 体圧拡散は通常の敷布団の約2.1倍と高い
  • 120社以上のテレビやマスコミでの掲載実績
  • 体を安定させることから腰に負担が掛からない
  • 通気性と保温性に優れている
  • 防ダニ・抗菌防臭に徹底している
  • リバーシブルで設計で冬暖かく夏は涼しい眠りを提供
    

サイトリンク



雲のやすらぎ

ビジネス関連サービス

しっかりとした生活ならびに人生設計

外と内から健康を維持する

自己啓発やスキルアップ関連

自動車・バイク関連

エコ・省エネ関連

投資ならびに資産運用関連