居宅介護支援事業所の立ち上げ時に発生するシステム導入コストを削減する方法


昨今、超高齢化社会へと進みつつある日本市場では、居宅介護支援事業所を始めとした介護サービス事業の新規参入数が増加傾向にあります。居宅介護支援事業所では、居宅において介護保険で受けられる指定居宅サービスや、特例居宅介護サービスの紹介、各種サービスの調整、居宅支援サービス費にかかる費用の計算や請求などを要介護者に代行して行います。

このため、各種台帳の管理や計画書の作成、予定実績管理、国保連請求、利用者請求など、多岐に渡る情報の管理や書類作成業務を行う必要があり、居宅介護支援事業所では、業務に特化した介護システムの利用が必須となります。

ところが、居宅介護支援事業所の業務に特化した機能を持つ介護システムの開発には、多額のコストが必要です。また、パッケージソフトにおいても、非常に高価なもが多く、新規参入当初、安定利益が得られない状況下でのシステム導入ならびに維持コストは、多大であり、時に経営をも圧迫する場合が少なくありません。

さらには、システムやパッケージを稼動させるパソコンのセキュリティや情報の徹底管理も不可欠となり、突然のハードディスクやパソコンの故障により、サービス自体を停止せざるを得ない状況に陥ることもあるなど、さまざまなリスクを回避する必要があります。

このような、新規に居宅介護支援事業所を立ち上げる際、発生する高いコストやリスク問題は、どのような方法において、解決することが望ましいのでしょうか。


    

低コストで利用できるASP型介護システムの導入を検討する


これらの問題を解決するには、ASP型の介護システムを用います。ASP(Application Service Provider)とは、ビジネス用のアプリケーションソフトを、インターネットを介して顧客にレンタルするサービス、もしくはそのサービスを提供する業者をいいます。

従来の介護ソフトの場合、パッケージソフトを居宅介護支援事業所内のパソコンにインストールすることで様々な業務を処理していました。顧客データや請求データについては、パソコン内に保持されます。このため、セキュリティ面における脆弱性を払拭できないばかりか、国保連請求処理を行うためには、ISDN回線を必要としたことから、通信維持管理コストが、ソフトの維持コストに加わることとなりました。

これに対して、ここで紹介するASP型介護システムは、プログラムやデータは、ソフト提供元の管理するデータセンタ内サーバによって処理管理されます。このため、介護ソフトをパソコンにインストールしたり、データを管理する必要がありません。ユーザは、インターネットを介し、介護システムにアクセスすることにより、いつでも、どこからでもすべての業務を効率的に進めることができるのです。また、本システムから国保連への介護給付金請求を行う場合も、請求要求をかけると、これを受けた介護システムの提供会社が、ISDNによって国保連との情報のやり取りを行うことから、居宅介護支援事業所側でISDN回線を敷設する必要がありません。つまりインターネット接続環境さえあれば、それだけでシステムを運用することができるわけです。

また、導入当初は無料体験が付帯するので、新規立ち上げの際に、システムの使い勝手や処理の流れの把握などを、コストをかけずに確認することができます。さらに、居宅介護支援事業所用で月額1980円と業界最安値での提供がなされていることから、新規参入の業者の25%が導入する定番サービスとなりつつあるのです。

以下のサイトリンクよりアクセスし、無料体験フォームに必要事項を入力すると、営業時間内であれば、15分後からシステムを試用することが可能です。

新規参入のみならず、既存システム利用者も、是非ASP型介護システムを活用していただければと思います。


推奨理由
  • 新規設立事業所の約25%が導入しているシステム
  • 無料体験サービスが利用できる
  • 居宅介護支援事業所用は月額1980円で利用できる
  • サービス事業所用でも月額3980円で利用できる
  • ASPサービスなのでソフトのインストールが不要
  • 重要データはデータセンターで厳重管理
  • 導入費用・法改正対応・保守代金0円
  • インターネット環境のみで伝送請求ができる
  • ISDN回線を敷設する必要がない
  • 正式導入事業所数10600件以上の導入実績
  • ASPSaaSクラウドアワード・委員長特別賞受賞サービス
  • プライバシーマーク取得企業による運営
    

サイトリンク



介護保険ソフトが【月額1 980円】 2ヶ月無料体験受付中

ビジネス関連サービス

しっかりとした生活ならびに人生設計

外と内から健康を維持する

自己啓発やスキルアップ関連

自動車・バイク関連

エコ・省エネ関連

投資ならびに資産運用関連