オフィスで利用するサプライ用品を効果的に補充し、作業ロスを低減させる方法


仕事の納期が忙しくスタッフ全員がオーバーワーク状態にあるときに限って、あれこれと不足状態に陥るものにサプライ用品があります。たとえば、接着テープ、のり、カッター、はさみ、付箋、クリップ、インデックス、ラベル、ホッチキス、ステープラー、穴あけパンチ、裁断機、製本用品、製図用品、筆記用具、ノート、封筒、紙製品、名札、カードホルダーなど、それぞれはさほど重要なものではないはずなのに、それがないがために、仕事の進捗に大きな影響がでるものも少なくありません。

このようなサプライ用品は、一つを補充してもまた別の用品が欠損するなど、管理にも意外に手間がかかり、その手間のもたらす人件費や、欠損における進捗の遅れは、金額換算するならば、実は大きなコストとなっています。

大手企業には、サプライ用品を担当する部署が徹底管理している所もあるようですが、中小零細企業や、店舗などにおいては、なかなか専門担当を置くこともできません。

さて、ではサプライ用品の欠損を防ぐためには、どのような対策が必要となるのでしょうか。


    

サプライ用品の定期的な在庫チェックと即納できるサービスの活用


サプライ用品は多くの品目に及ぶため、これらをまとめてラックで管理するとともに、在庫状況を用意に目視確認できるように管理します。また、在庫が足りなくなった場合、注文即日、もしくは翌日には補充が完了できる即納業者を活用します。

さらには、補充した品目とその日時を記録しておくことで、品目あたりの注文サイクルを把握します。すると、どの用品がどの程度の期間において欠損するかを把握することができることから、欠損の先読みをして注文することができるようになります。

以下のサイトリンクで紹介するサービスは、サプライ用品を翌日には届けることを売りとして急成長したインターネットショップ業者です。11時までに注文をすると、地域によっては当日の納品が可能であり、翌日であればほぼ日本全国をサポートします。また、土日祝祭日の指定も可能であることから、週末に忙しい店舗なども便利に活用することができることでしょう。

サイトリンクから入り、無料のカタログ請求を用意しておけば、必要なサプライ用品をFAXもしくはインターネットから簡単に注文することができる上、即日もしくは翌日には足りなくなった用品の補充ができることから、あれこれ足りないものに振り回されて、作業効率を低下させることから開放されるはずです。

成長する企業の多くが用いているサービスです。見落としがちなサプライ用品の補充にも、十分に気を使い、ライバル企業から遅れを取らぬようにしておきたいものです。


推奨理由
  • 事務、作業用品、家電製品、OA用品、生活用品、オフィス家具、収納、理化学実験用品、健康、医療、介護用品など約357,000品目を扱う
  • インターネットまたはFAXで手軽に注文できる
  • 最短当日に届き、土曜祝祭日の指定も可能
  • 1回の注文合計金額が1000円以上で送料無料となる
  • 購入後365日以内であれば返品が可能
  • 支払いは銀行振込、郵便局、コンビニ支払い、口座振替などからまとめて月1回
    

サイトリンク



ASKUL|無料カタログ請求

ビジネス関連サービス

しっかりとした生活ならびに人生設計

外と内から健康を維持する

自己啓発やスキルアップ関連

自動車・バイク関連

エコ・省エネ関連

投資ならびに資産運用関連