法人がプライバシーマーク認定取得によって得られるメリットとは


プライバシーマーク認定取得に向けた取り組みを行う法人が増えてきています。プライバシーマークとは、個人情報保護に関して一定の要件を満たした事業者に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) により使用を認められる登録商標のことをいいます。プライバシーマークは、Pマークと呼ばれることもあります。

さて、ではこのプライバシーマーク、なぜ現在、認定取得法人が増えているのでしょうか。これには、いくつかの要因があります。

プライバシーマーク取得にあたっては、日本工業規格(JIS)のJIS Q 15001(個人情報保護マネジメントシステムの 要求事項)に適合した個人情報保護体制を構築ならびに運用していることが必要条件となっています。しかも、徹底した適合性審査がなされることから、Pマーク取得を掲げることができる企業は、これらの審査基準をクリアした、クオリティの高い個人情報保護体制を持つことの証となります。つまり、顧客に対する信頼度を大幅に高めることが可能となるのです。

また、Pマーク取得にあたり、個人情報保護体制の計画→実施→検査→改善を行うこととなることから、従業員のモラルが向上するとともに、社内管理システムの効率化や健全化が要求されることになります。つまり、Pマーク取得に向けた取り組みを行うこと自体、社内の適切な情報管理体制の確立を促すことにつながるわけです。また、管理システムや信頼度、従業員のモラル向上は、売上や経常利益の向上へとつながります。結果として、高い収益を生み出すことにもなるわけです。

このように、多岐に及ぶメリットを享受できることから、多くの企業が取得に向けた取り組みを進めています。しかし、取得までには、社内情報の運用体制改善やドキュメント作成、ドキュメント管理体制の見直しなどが不可欠となることから、結果として多大な作業コストを生じることになり、取得を断念するケースも少なくありません。

    

プライバシーマーク認証取得コンサルタント法人の活用


プライバシーマーク認定を取得するには、多くの取得実績を持ち、100%の取得保証をうたう専門のコンサルティング会社に依頼することが、最も確実であり、尚且つ結果として最も低コストとなります。取得経験を持たない社内スタッフのみの取り組みでは、審査を通過することが困難であり、結果として高い人件費コストを投じつつ、取得できない事態となることが少なくないからです。

以下のサイトリンクにおいて、東京、大阪、福岡にオフィスを持つ専門のコンサルタント法人を紹介しています。プライバシーマーク認定に関する無料相談を行うことで、取得へ向けた歩みをスタートすることが可能であり、ヒアリング、提案見積、契約、コンサルティング開始と、無理なく作業を進めることができます。また、取得に必要となる膨大な数の主要文書は、すべてコンサルタント法人が作成するため、社内における作業コストを大幅に削減することが可能です。

法人の顧客信頼度を大幅に向上させるとともに、収益性を向上させることができれば、コンサルティング費用は、安い先行投資となるはずです。是非とも、プライバシーマーク認証取得への取り組みを始めていただきたいと思います。


推奨理由
  • プライバシーマーク取得による顧客信頼度向上
  • 従業員モラル向上と社内管理システムの向上
  • 訪問回数に制限なく100%の取得保証が付帯
  • 主要文書はすべて作成代行
  • コンサルティング費用が明確で追加料金がない
  • 最小2名の法人から取得可能で分割支払可能
  • 東京、大阪、福岡にオフィス拠点を持つ
    

サイトリンク



100%保証!Pマーク認証取得

ビジネス関連サービス

しっかりとした生活ならびに人生設計

外と内から健康を維持する

自己啓発やスキルアップ関連

自動車・バイク関連

エコ・省エネ関連

投資ならびに資産運用関連