年会費と清掃実費のみで別荘を所有する選択肢


子供たちが大学を卒業し、仕事の終着駅も見え始める頃になると、週末には海や山、高原や温泉地などで、夫婦水入らずの時を過ごしたいと思い始めるものです。資金的な余裕があれば、お気に入りの場所にセカンドハウスを建て、都会と田舎、双方の生活を交互に楽しむライフスタイルも計画として挙がるかもしれません。

しかしながら、セカンドハウスや別荘は、常時使うわけではないものの、購入の場合維持コストを永年支払う必要がありますし、賃貸の場合では、毎月の家賃が発生し、結果的に非常に高いコストを強いられることになります。

このため、年金のみで生活をするようになると、そのコスト負担が馬鹿にはならず、結果的にセカンドハウスを持つプランは破棄せざるを得ないという結論に至ることも少なくありません。

仮に、使う分だけのコスト負担のみで、さまざまなセカンドハウスを利用できるサービスがあれば、低コストでなおかつさまざまなライフスタイルも実現できそうです。

このようなサービスは存在しないものでしょうか。

    

セカンドハウス・別荘の格安体験旅行へ応募


最近では、コストダウンに向けた取り組みが各所でなされていますが、高価なものは複数の人々でシェアするというモデルやサービスが多く登場してきています。

ことセカンドハウスにおいても例外ではなく、最近では、複数の施設を、多くのユーザが共有することで、低価格でなおかつ複数のセカンドハウスを利用することのできるサービスも登場しています。

以下のサイトリンクで紹介するサービスにおいては、箱根、南房総勝浦鴨川、富士忍野、山中湖、軽井沢、伊豆高原、京都岡崎、城崎などの施設を利用することができます。別荘の持分ポイントを使う分だけ購入することで、毎年終身でポイントが発行されます。そのポイントを用いることで、1箇所の別荘だけでなく、海、山、高原や温泉のあるクラブ施設にステイすることが可能となるというものです。

しかも、これらを格安で体験宿泊することができます。夫婦一泊2食付500円から3000円程度で、温泉旅行ができるわけです。

ただし、体験宿泊には、30歳以上で、夫婦または夫婦を含む家族での参加、年収の下限制限などの参加条件が付帯するようです。その詳細は、以下のサイトリンクよりアクセスして確認をしてください。体験宿泊の施設や希望宿泊日時、宿泊人数、その他必要事項を入力すれば応募は完了です。当選の場合、1週間以内に電話連絡がはいるとのこと。まずは、二人での思い出作り、そして今後のライフスタイルの計画へと、進んでいただければと思います。


推奨理由
  • 東証1部上場のリロ・ホールディング100%出資子会社
  • 箱根、南房総勝浦鴨川、富士忍野、山中湖、軽井沢、伊豆高原、京都岡崎、城崎などの施設を利用できる
  • 年会費と清掃実費のみのコスト負担
  • 格安の一泊二食付体験宿泊が夫婦でできる
  • ペットと一緒に体験宿泊できる施設も用意されている
  • 宿泊時の商品強要や、体験宿泊後の電話セールスがない
    

サイトリンク



\夫婦で温泉に行こう!/1泊2食付500円~箱根・伊豆・軽井沢

ビジネス関連サービス

しっかりとした生活ならびに人生設計

外と内から健康を維持する

自己啓発やスキルアップ関連

自動車・バイク関連

エコ・省エネ関連

投資ならびに資産運用関連