インターネットを活用して商圏を広げ、飛躍的に売上を拡大する方法


現在、多くの法人が売上の低迷に頭を抱えています。アベノミクス効果により、株式市場には、若干の明るさが差し込み始めたものの、目に見えた形で売上に反映しないのが現状ではないでしょうか。しかしそんな中、インターネットを活用することで、飛躍的に売上を拡大している企業は少なくありません。

昨今では、インターネットは使い方によって大きな力となります。たとえば、起業まもない法人が、初年度に年商5億を売るなど、それまでのセオリーでは理解しがたい成長を、一過性ではなく、着実な形で商圏を拡大し、成し遂げているのです。この驚くべき方法とは、果たしてどのようなものなのでしょうか。

これにはまず、自社商品を販売するためのホームページをカラーミーショップなどで作成します。できれば、自動決済できるページを用意するとよいでしょう。さて、これで準備の第一段階は完了です。

しかしながら、第一段階においては、売上には何ら変化は生じません。単にインターネット上にホームページを作っただけで、商品が売れ始めるほど、ビジネスが甘くないことを、すでにあなたはご存じであるはずです。そこで、次の段階へと移行します。

昨今、インターネットを利用する場合、多くのユーザーがgoogleやYahoo!などの検索サイトを利用します。インターネットには膨大な数のウェブページが存在します。この膨大な情報から目的の情報を探すためには、検索サイトが不可欠だからです。

そこで、この検索サイトを活用します。

検索サイトに目的のキーワードを入力すると、そのキーワードに関連するページが表示されるとともに、その横にも関連情報が表示されるのをご存じでしょうか。検索サイトの広告です。

利用者は、目的の情報を探しているわけですから、このタイミングでの広告表示は、非常に効果的であり、自社サイトへの誘導を円滑に行うことが可能となります。また、検索サイトの広告では、どのようなキーワードが入力されたとき、自社の広告を表示させるかを明確に指定することができます。よって、ターゲットを厳格に絞ることができるのです。

なお、広告にはクリックあたりいくらかの課金が発生します。つまり、検索サイトから自社サイトへと、利用者を誘導する度にお金を支払うわけです。また、単価を変更することで、関連キーワードによる表示順位を変えることも可能です。トップ表示を狙うのであれば、その分、単価も上げなければなりません。

表示順位と表示キーワードの関連を把握しつつ、どのようなキーワード群によって導入された顧客が、自社サイトの製品を購入したかなどの統計を取ります。また、単価やキーワードを調整し、さらなるターゲットの絞り込みを続けます。これを繰り返すことで、広告コストを最小限に抑えながら、売上を増やす試行錯誤を行うわけです。また、自社サイトの調整も行います。誘導に成功した顧客を、売上に結びつけるのは、最終的には自社サイトであるからです。

さて、試行錯誤は、ごく短期間で行うことができます。変更を指定すれば、その変化は、瞬時に検索サイト側に反映されるからです。キーワードや単価の調整により、ターゲッティングを十分に行ったなら、第二段階は終了です。

この段階において、たとえば、月5万円の広告費用が発生したものの、検索サイト経由で誘導された顧客への販売利益が10万円であったとします。つまり5万円支払い10万円を得た計算です。ここまでくれば、売上拡大の最終段階へと移行することが可能です。

売上の推移を注視しながら、広告単価を徐々に上げていくのです。すると、自社サイトの表示頻度が上がり、誘導される顧客数も上昇を始めます。また、ランディングサイトである自社サイトでは、それを受け入れるように調整がなされているはずなので、これまでの割合で成約が発生するはずです。この微妙な数値の動きを確認しながら、広告単価を上げていくわけです。

たとえばですが、翌月の広告費計が10万円であったとしましょう。これに対する販売利益を20万円前後に上げる調整をするわけです。あとは、数値、つまり広告費用と費用対効果である売上バランスを注視しつつ、さらに広告単価を上げていくのです。

インターネット検索サイトに広告を打つということは、単なる広報とは異なり、マーケティングの意味合いを深く持つと言えます。そしてインターネットでは、PDCA的調整を、短時間で繰り返すことが可能であることから、成功へ至るまでをごく短時間で実現することができるわけです。

    

最も利用者の多い検索サイトの検索連動型広告を利用する


以下では、Yahoo!JAPANのプロモーション広告を紹介しています。クレジットカード決済や銀行振込などで、あらかじめ広告代金を入金します。

入金、ならびに設定が完了した直後から、広告が表示され始めますが、表示されただけでは課金されません。あくまでも利用者が自社サイトへと誘導された段階で金が発生するわけです。この料金は、あらかじめ入金された金額から減額され、最終的に入金額がゼロになった所で、広告は表示されなくなるというものです。

ですから、予想以上に広告費がかさむという心配はありません。当初は試行錯誤を行う必要があるため、1万円程度を入力し、キーワードやランディング比率などを確認しつつ、調整を行います。また、表示させる広告タイトルや文面も複数設定し、どのタイトルからのランディングが高いかなども含めて徹底検証を続けます。

これらの作業を繰り返すことで、本稼働のタイミングが見えてくるものです。本稼働においては、残高がゼロにならないように確認をしつつ、更なるPDCA(plan-do-check-act)を行い、可能な限り広告効率を高めていけば、結果として、短期間で売上を数倍、数十倍へと拡大していくことが可能となるわけです。

それではさっそく準備へと移行してください。以下のサイトリンクから入っていただき、申し込みフィールドに必要情報を入力すれば完了です。売上不振に頭を抱えていたこれまでの自分が、信じられないほどの売上と、多忙でかつ活気のある社内を取り戻すことに、あなたは必ず成功することでしょう。


推奨理由
  • 短期間のPDCAサイクルによって自社売上を飛躍的に拡大できる
  • クレジットや銀行振込などによる前払いなので予想以上の広告費を支払うリスクがない
  • 一般のインターネットユーザが最も多く用いている検索サイトである
  • 広告の効果は、設定直後にも知ることができる
  • 新規参入であったとしてもハンディなく即効性のある商圏拡大が可能
  • 売上規模は、広告費の調整によりいくらでも上げていくことができる
  • 結果として、急成長を実現することが可能となる
    

サイトリンク



Yahoo!プロモーション広告(旧オーバーチュア)

ビジネス関連サービス

しっかりとした生活ならびに人生設計

外と内から健康を維持する

自己啓発やスキルアップ関連

自動車・バイク関連

エコ・省エネ関連

投資ならびに資産運用関連